プレスリリース

2019325日 ハッソー 株式会社

新型 飲料用「紙製」キャップ(Lid)の実用化にかかるご案内

衛生用品メーカーであるハッソー株式会社(所在地:東京都品川区西五反田、代表取締役:山田菊夫)が新たに独自開発(特許申請中)製品であるHASO LID (使い捨てカップ用「紙」製ふた)が、株式会社プロントコーポレーションが新規運営開始する『関西国際空港』第一ターミナルビルへ新業態のカフェ「ESPRESSO&BAKERY(エスプレッソ&ベーカリー)で実用採用されることが決定した。環境問題意識が高い外国人観光客を主とするインバウンドニーズに対し飲食店の立場から地球環境への優しさを情報発信させたいという意向を反映させた取組である。

【導入背景】

世界的な潮流となりつつある地球環境保全への寄与への端緒を一早く築きたいという両社の意向が一致したこと。

HASO LID (使い捨てカップ用紙製ふた)について】

HASO LIDの第一の特長は、何と言っても「紙」製であることにより地球環境に優しい点にあるが、これまでの常識に反し既存のプラスチック製に比して大幅に機能性が高まる。熱々のコーヒーでも安心・安全にすすり飲みが出来るという圧倒的な飲みやすさを筆頭に、高度な篏合性の高さが安心・安全面を担保し、更に印刷が自由に施せるので文字・画像プリントによる効果的な情報発信が可能になる。又、クライアント要望に合ったサイズにフレキシブルな対応が可能。極めつけはプラスチック製に比して遜色ないコスト価格帯という経済性メリットが実現出来た点であり、いずれも出願済特許技術駆使の成果である。

 

【今後の展望】

供給元のハッソーは地球環境に優しい社会企業としての責任を果すこの分野でのオピニオンリーダーとなるべく展開を図る。この成果を踏まえたLIDの国内新市場の創造・拡大と共にGlobalベースでの展開進捗を急ぐ。

 

【ハッソー株式会社について】

現在の主力商品であるハンディワイパーやウエットテイッシュに多数の特許を持ち、高い技術力を活かして衛生・清掃用品の企画・製造を行う。商品に対する評価は高く、国内大手メーカー、ドラッグストア、量販店や海外大手日用品メーカー等へOEM(相手先ブランドによる生産)供給をコアに急成長してきた。

 

本社:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル6

代表者:代表取締役 山田菊夫

設立:20013

Tel: 03-5745-4577

Fax: 03-5745-4579

URL: http://www.hasoltd.com/

本件に対するお問い合わせ担当

営業部: 藤田

業務推進本部: 斉藤

 

【株式会社プロントコーポレーションについて】

株式会社プロントコーポレーションは、CAFFÉBAR PRONTODi PUNTOCAFFE SOLARE Tsumugi 336店舗(201812月末現在)の企画・運営・経営・及びフランチャイズ展開とコンサルティングを事業内容としている。

URL: https://www.pronto.co.jp/index.html